要望

オッフェンバッハ・アム・マイン市 住民投票「自転車都市決議」

安全な自転車道、きれいな空気、より質の高い生活環境、騒音を減少し、カーボンニュートラルな街へ!

私の署名を持って、私はヘッセン州地方自治体法§ 8bに従い、住民投票の実施を申請します。オッフェンバッハ・アム・マイン市は、市民の投票に伴い、自転車交通促進を環境負荷の少ないモビリティコンセプトの一部とし、今後5年間で次の目標を実施する義務を負います。

1. 一貫した効率のよい自転車道ネットワーク

1年以内に自転車に乗る人に優しいオッフェンバッハに改革するための、一貫性のある密な自転車ルートネットワークプランが作成されます。自転車交通施設の推奨事項に沿い、すべての拡張措置は、5年後に人口の90%が半径300メートル以内にメインの自転車道ネットワークに接続できるよう実施されます。自転車道ネットワークには学校が含まれている必要があります。また、市内やライン・マイン都市圏の都市間を繋ぐ自転車高速道路への合流箇所を確実にする必要もあります。

2. 幹線道路と支線道路に安全な自転車道を

毎年、幹線道路に5kmの自転車道を建設する必要があります。これは、幅2,30mの一方通行の自転車道として、少なくとも2箇所の合流地点を途切れることなく接続します。それらは、自動車による交通、停車、駐車から構造的に保護され、歩行者や公共交通機関が利用できるスペースを減らすことなく整備されます。自転車交通をより流動的で安全なものにするためには、バリアを解体し、縁石を低くし、自転車の信号の時間を長くする必要があります(グリーンウェーブ)。毎年、少なくとも5kmの支線道路は、自転車優先道路としてアップグレードされるか、アスファルトをマーキングし、他の道路空間から分けられた自転車道として整備されます。

3. 交差点と合流地点を安全に

今後5年間で市の行政は、すべての交差点、合流地点、自動車の進入箇所が、自転車交通の可視性確保のため再設計されるよう、継続的に取り組む必要があります。 特に交差点では、自動車やトラックは、将来的には直角にしか曲がることができないようにすべきです。また、幹線道路と支線道路が交差する場所では、自転車が支線道路を横断するための歩道、自転車道が高低差なく敷かれます。同じことが、新規の整備や既存の敷地への侵入箇所での建設措置に当てはまります。信号箇所では、右折する自動車・トラックと直進する自転車、または歩行者が、同時に車道にアクセスすることは許可されません。 既存の信号機のある交差点では、毎年少なくとも3つのそれに応じた制御を導入し、経路侵入に変化をもたらします。既存の信号機を撤去、あるいは作動機能を減少させることができるか、確認する必要があります。

4. 自転車と歩行者のモビリティの向上

フランクフルト・アム・マイン市とマイン=キンツィヒ郡と協力し、イーゼンブルク城とフェッヘンハイムの間、そしてルンペンハイムとマインタールの間に、2本の歩行者・自転車専用橋をかけることを計画に含めます。 すべての地区の密度の高い住宅街に一方通行道路を通し、通過交通とすべての交通参加者における事故発生リスクを抑えるため、市内全体に2年以内に自動車侵入が制限された“スーパーブロック“という住宅地を形成します。

5. 自転車駐輪スペースの大幅な拡大

今後5年以内に、少なくとも市内全域に500台分の駐輪スペースを、すべての公共の建物(役所、学校、幼稚園など)、交通合流地点(駅・停留所)、店舗や企業の前に設置する必要があります。既存の駐車施設もこの対象に含まれます。駐輪スペースは自転車ハンガーに加え、可能であれば屋根を設ける必要があります。 カーゴバイクのコンセプトは2年以内に提示され、3年以内の実施が求められます。十分な短時間用の駐輪スペースとレンタルステーションの開設は考慮されるべきです。

6. 持続可能な交通転換への支援策

6.1 目標の実行と(自転車)交通助成金の獲得について年次報告書が公開されます。それは特に自転車関連団体と市民フォーラムや政治委員会にて議論されます。

6.2 すべての自転車交通道路は、年に4回、市によって損傷がないか点検されます。不足に関する報告は、損傷の復旧期限と共にオンラインにて公開されます。

6.3 子供と若者のための交通学校の活動は強化され、改善されるべきです。

6.4 市は、すべての交通参加者間の協力のもと、講じられる措置を円滑に進めるため、秩序局内に市警察の自転車チームを即時に配置します。

6.5 市は、インフラを変更するために必要な措置の資金を賄うため、駐車場管理システムを導入します。

これらの要望は、2020年7月28日の“Radentscheid Offenbach“のミーティングにて満場一致で採択されました。